Loading...

NEWS

  • お店づくり日記。 ~其の壱~

    「FACTORY&STORE」


    昨年末より、「FACTORY&STORE MANUALgraph」と銘打って
    念願だったお店作りを始めました。

     

    昨年Nicora Formichettiさんとのコラボでソファを作った際、
    勢いで名付けたMANUALgraphという僕たちのブランド名。

     

    この名のもとに何点かソファを制作しましたが、ブランドとしてもう少しキチンと形にして僕たちのものづくりを世に広めて行こうと思い、始めました。

     

    2棟ある工場のうち1棟の2階が、過去数十年分の廃材や在庫(けしてガラクタとは言いませんが・・・)で溢れかえっていたのでココを片付けて改装することにしました。

     

    工場の1画を改装するので、天井や壁の鉄骨は剥き出し、角には製品を上げ下げするための業務用のエレベーターがドンッと陣取っています。
    でも何だかそれがいい感じで、小さな工場で1台1台ほとんど手造りで家具を造っている僕たちのものづくりの雰囲気が、うまく皆様に伝えられるような場所になりそうな予感はします。

     

    工場とお店が同じ敷地内にあるので「FACTORY&STORE」。
    単純ですが大袈裟に言うと「造りながらそこで売る」という理想を追い求めるためそう冠をつけました。

     

    あまりお金も掛けられないので、最初は全て自分達でやってみようと試みましたが、通常の業務をしながらの作業に早々に限界を感じ、片付けだけで終わってしまいました。

     

    そこで地元の1コ上の先輩、飯塚工務店のシュンスケくんの力を借りることにし、僕が東京にいた頃よりお世話になっているdesigh Chill-outのムラカミさんに図面を書いてもらいました。

     

    工場の1画がお店です。
    もちろん並べるソファは全て同じ敷地内の工場で造っているので、造っている「様(さま)」をお客さんに見てもらえることができます。
    なので言うのも恥ずかしい位ですが、当然純国産のソファです。
    ベッドとあとその他の家具もちょびっと置く予定です。
    それから今まで僕らが得意としてきたカーテンを中心としたファブリックの販売もします。

     

    裾野のこんな辺鄙な住宅街のお店ですが、
    「こんなところにこんな面白いお店があったのか!」と皆さんに思っていただけるような場所を目指して日夜奮闘しております。

     

    オープン日は実はまだ決まっていません。

     

    なにせお店なんか作ったこともないし、家具しか造ったことのない
    店作りに関しては全くの素人の僕たちがやっているので、
    なかなか思うように進まないのが正直なところです。

     

    ビジネス的にはあり得ないことかも知れませんが、
    それでも納得いかないまま始めるわけにもいかないので試行錯誤しながら
    そう遠くないそのうち、
    できれば桜が咲く前頃には皆さんにご案内が出来ればと思います。

    2013年1月24日
    鈴木大悟

123