Loading...

NEWS

お店づくり日記 ~其の参~

「TRUCKとHi-STANDARD」
世代的にこの2つの存在に、青春時代大きな影響を受けました。
もちろん今でも大好きです。
 
TRUCKとHi-STANDARD
この2つの共通点、それは、大企業が莫大なコストを掛けてマーケティングやら
ブランディングやらを行って世に打ち出そうとする事を、
とてもミニマムな組織(方や夫婦、方や3ピースのバンド)で
DIYで実現してしまっていることだと思います。
 
同じ家具屋として悔しいですが、ナチュラルボーンなあの夫妻には到底敵いません。
憧れのライフスタイルを自ら実践し、そのままを家具として、お店として世に提案し、
でもそこには決して事業計画や今期目標なんてものは存在しません(たぶん…)。
 
今や巷にはTRUCKテイストの家具やお店で溢れかえっています。
確実に一つの「流行」を創り上げたと思いますが、だれも本家には敵いません。
 
2000年頃、都内のライブハウスにはHi-STANDARDの様なバンドが
溢れかえっていました。
ハイスタやそのモノマネの奴らとは違うことをやろうとバンドを結成しました。
 
残念ながらそのバンドが大ブレイクしていたら僕は今家具屋は
やっていなかったかもしれませんが、
何枚か作品も世に残し、ほんの小さな石ころですが、
当時のシーンに一石を投じたと誇りに思っています。
 
 
2年前の2011年にやっと大阪旭区のTRUCKの新店舗を見に行くことが出来ました。
 
以前の店舗にも増してその空間とそこにある家具ひとつひとつに
嘘がない佇まいでした。
 
2000年当時、ハイスタとは違うことをやろうとバンドを結成したときと同じ気持ちで
ブランドとお店を始めます。
 
もちろんヒントや見習うべきものはたくさんあります。
でもMANUALgraphにしかできないもの、僕たちにしかない何かを追い求めて
ソファを造り、お店を創っていきたいと思います。
さあ皆さん、いい加減そろそろ
FACTORY&STORE MANUALgraph 始まりますよ!!
 
ちなみにTRUCK新店舗に行った同じ年、
12年ぶりに開催されたAirJAMに行ってきました。
1曲目「STSYGOLD」のイントロを聴いた瞬間いい歳こいて号泣しちゃいました。
2013年4月3日
鈴木大悟